芸能

手塚とおるの性格は?ネガティブな実話エピソードと結婚できない理由

手塚とおるさんといえば、今まで数々のドラマで個性的な役をこなす名俳優として活躍されていますよね。

特に、2013年に放送された大ヒットドラマ「半沢直樹」の古里則夫というイヤミな銀行員の役柄は、誰もが印象に残る演技でした。

悪役や個性的な役が多い手塚とおるさんですが、実際の性格は超がつくほど”ネガティブ”なんだそうです。

意外ですよね?

ネガティブ思考になったのには、何か原因があるのでしょうか?

この記事では、手塚とおるさんの超鬼ネガティブな性格について調査しました。

【この記事でわかること】
●手塚とおるの性格が超鬼ネガティブなエピソード
●手塚とおるが結婚出来ない理由は?
●手塚とおるはなぜ俳優に?
●手塚とおるプロフィール

手塚とおるの性格がネガティブなエピソードは?

”人としゃべるのをやめました”エピソード

手塚とおるさんの性格が”超ネガティブ”なことのわかるエピソードを紹介します。

手塚とおるさんは、高校生の頃に家族以外の全ての人と話すことをやめたそうです。

えっ?!なぜ??

理由は、中学生の声変わりを迎えるころの話ですが、

手塚さんは声が高かったそうです。

それを笑われたことがあり、「あっ、僕って声が変なんだな」と心に強く印象付けられたようで、高校に入った途端に「なんか、もう、しゃべるのやめよう」と思ったらしいです。

えっーーー?!

極端すぎませんか?!

そこで、「しゃべるのをやめよう」と思う人っているんですか?

超、鬼、ネガティブですね!!”(-“”-)”

しかも、それがけっこう徹底的なんですよ。

同級生や学校の先生とは一切しゃべらなかったそうです。

どうしても返事をしなければいけないときは、

筆談で「はい」・「いいえ」を書いて渡していたそうです。

こんな同級生いたら、ついつい

「なんで、しゃべらないの?」と聞いてしまいますよね。

そう尋ねられても、無視し続けて理由を答えなかったそうです。

声を出すことで、「またバカにされてしまう」という、超ネガティブ思考が働いてしまったんでしょうね。

高校生という多感な時期に、しゃべらない方がいい…なんて発想なかなか出来ないですよね。

楽しいはずの青春時代は、しゃべらないで終わってしまったんでしょうね。

手塚とおるが結婚出来ない理由は?

しゃべらない青春時代を過ごした手塚とおるさん、現在も独身です。

では、結婚できない理由は何でしょうか?

先ほどのエピソードで結婚には少し”難あり”な感じはしてしまいますが(笑)

結婚できない原因というのは、対人に関しての抵抗があるからのようです。

一言でいうと、

”自分のこともわかならのに、人のことなんてわからない”そうです。

人のことがわからなければ、確かに恋愛をしようという気持ちにもならないのかもしれませんね。

手塚さんのネガティブ思考は更に続きます。

極めつけの一言、

”人の気持ちが分かったら恋愛も100%うまくいくし、まず戦争は起きない”

たっ確かに!!

おっしゃっていることはわかりますが・・・。

そんな手塚さんも彼女がいたことはあったようなんですが、手塚さんにとっては一緒にいるだけで辛かったそうです。

普段から相手の気持ちはわからないと断言しているだけに、付き合っていると彼女のことを考えていないといけないのは、手塚さんにとっては苦痛の時間だったんでしょうね。

「どこに連れていったら楽しいかな?」
「プレゼント何が喜ぶかな?」

と考える感情は、相手のことを知りたくて、喜ばせたい気持ちから出てきますよね。

付き合っている醍醐味は、”相手のことを一番知ること”。

手塚さんそれが出来ないから、結婚も絶対出来ないですよね。

これは、舞台やドラマの役についてもそう思われているようです。

”僕の気持ちもよく分からないのに『役の気持ち』とかいわれても、よく分からない”

役の気持ちはいつもわからないまま、脚本通りに演じているそうです。

役の気持ちを入れずに、あの演技力はある意味スゴイですね!!

手塚とおるはなぜ俳優に??

こんな、”超ネガティブ”で少しクセのある性格手塚さんが、なぜ俳優になろうと思ったのか、とても気になったので調べてみました。

実は、手塚さんの子どもの頃の夢は「映画監督」になることだったそうです。

「映画監督」になるためにはどうしたら良いかわからずに、とりあえずの気持ちで俳優のオーディションを受けた所、見事合格し芸能界に入ったそうです。

1983年2月蜷川幸雄監督の「黒いチューリップ」がデビュー作品です。

1986年からは劇団健康に参加し、1992年の解散まで全作品に出演したそうです。

それからはあれよあれよという間に、映画にドラマに舞台に出演を続けています。

高校生の時にコンプレックスとなっていた声も、今では彼の個性へと変わっていきました。

これだけたくさんの役を演じ、たくさんの方と出会ってきている手塚さんですが、根本のネガティブ思考はずっと健在のようですね。

そんな、ネガティブな感じも今では「笑いネタ」になる程、注目度の高い手塚さんの今後の活躍が楽しみです。

手塚とおるプロフィール

生年月日:1962年6月27日

出身地:北海道

血液型:B型

身長:175cm

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

まとめ

手塚とおるさんの性格が超鬼ネガティブについてまとめました。

高校生の時には、声が高いことを気にして周囲の人とは会話をしないくらいネガティブなことや、

人の気持ちはわからないから、役の気持ちを聞かれてもわからないと断言するほど、ネガティブ思考なため、結婚できないことがわかりました。

とてもネガティブ思考な手塚とおるさんですが、演技力はネガティブとはかけ離れた、自信に満ち溢れた力強さを感じます。

そんなギャップのある手塚とおるさんにこれからも目が離せません。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ