芸能

太代眞裕【顔画像】詐欺内容まとめ!嫁や子供や経歴・作品についても!

アイモーション社の取締役の太代眞裕氏の詐欺的な仕事が話題となっています。

太代眞裕氏とはどんな方なのでしょうか?

【顔画像】や嫁や子供についてなど調べて見ました。

題して「太代眞裕【顔画像】詐欺内容まとめ!嫁や子供や経歴・作品についても!」についてまとめます。

太代眞裕【顔画像】詐欺内容まとめ!

太代真裕さんとは何者なのでしょうか?

太代真裕さんの【顔画像】はこちらになります。

太代真裕さんは、向かって右側の帽子を被った方です。


引用:<(exblog.jp)

この写真は2009年のものですので、10年以上も前の写真になります。

スザンヌ主演の『いぬばか』の企画・プロデュースを手掛けた時に取材を受けていました。

太代真裕さんの現在の年齢は、

「年齢は60代後半くらい」

Yahooニュース

ということですので、写真は50代半ばから後半くらいの写真になります。

とてもお若く見えますね。

この太代真裕さんが、詐欺まがいのことを繰り返していたことが報道で分かりました。

詐欺まがいな内容をまとめていきます。

問題になっている詐欺内容は、「アキハバラ@DEEP2.0(ツーポイントオー)」という作品についてです。

出演者には9人組の男性アイドルグループ「MeseMoa.」のメンバーほか、アンジェラ芽衣さんなどです。

この作品は、2020年9月から「Amazonビデオ」や「U-NEXT」など9サイトで配信されていましたが、現在は見れなくなっています。

その理由は、出演者や制作スタッフにギャラがまだ未払いになっているそうなんです。

「われわれスタッフへのギャラが未払いにも関わらずネットで配信されているのはおかしいと、配信停止を求めた結果、いまは観られなくなっています。

4月4日には、制作会社に損害賠償を求め、東京地方裁判所に提訴しました」

Yahooニュース

被害者は、カメラマンや音声さんや、監督など、スタッフ合計16人です。

また、「アキハバラ@DEEP2.0(ツーポイントオー)」はDVDを発売する予定でしたが、その発売も出来ていない為、ファンの信頼を失う出来事となっています。

「白服さん、あおいさんの2人のメンバーが出演していることもあって、MeseMoa.さんはファンに向け大々的に『アキハバラ』をPRしていました。

DVDの事前購入者に向けた『お渡し会イベント』も企画していたのですが、結局DVDは製作されず、イベントも中止に。にもかかわらず返金対応が滞り、グループのファンからは“詐欺ではないか”と怒りの声があがっていたのです」

Yahooニュース

DVDの返金を行うように、アイモーション社の取締役社長である太代真裕氏に話をするも、「お金が無く返金することができない」という返答だったといいます。

しかも、ギャラの未払いは「アキハバラ」の作品だけではないそうです。

少なくとも最近の作品の3作品は、スタッフのギャラ未払いが起きているそうです。

太代真裕の詐欺内容まとめ

●ギャラ未払い
●立て替えた経費未払い
●DVD未販売で返金していない

太代真裕氏の詐欺内容のほかにも、アイモーション社の杜撰な管理内容が明らかになっています。

アイモーション社の杜撰な管理内容

・助監督など撮影に必要なスタッフが揃っていない
・ロケ地の下見をしていない(アポなし撮影)
・ロケ弁は300円のコンビニ弁当
・人件費を削る為、妻と娘が現場の手伝い
・台本が完成せずにいつもギリギリでセリフ覚えるのが大変
・スケジュール管理が出来ておらずハードスケジュール
・編集はスタッフに丸投げ
・現在、行方がわからない

杜撰な業務を押し付けていた上に、ギャラが未払いとなると、関わってきたスタッフの皆さんの怒りが収まらない理由がわかりますね。

太代プロデューサー本人および所属するアイモーション社に取材を申し込むも、回答は得られず。

裁判は5月28日に第一回期日を迎えたが、被告側は形式的な答弁書を出しただけで、出廷しなかった。

Yahooニュース

太代真裕氏の未払いのギャラはどうなるのでしょうか・・・。




太代真裕の嫁(妻)や子供についてと経歴・作品について

太代真裕氏には、嫁(妻)や子供(娘)がいることがわかっています。

太代プロデューサーの妻と娘も現場を手伝っていたのも、人件費を削りたかったのかもしれません

Yahooニュース

人件費削減のためか、撮影現場には嫁(妻)と子供(娘)も同行していたようですね。

太代真裕氏の年齢からすると、娘さんの年齢は30代から40代くらいでしょうか。

手伝いにくるくらいなので、成人していることは間違いありません。

嫁(妻)や子供(娘)について調べて見ましたが、一般人であるため情報がありませんでした。

太代真裕氏の経歴は、以前にも映画・ビデオ制作の会社の代表をしていた可能性があります。

(株)リンクライツ(東京)/映画・ビデオ制作

代 表:太代 眞裕
所在地:東京都港区海岸1-2-3

6月27日、同社は横浜地裁より破産手続開始の決定を受けた。

破産管財人は内田憲宏弁護士(内田憲宏法律事務所、神奈川県横浜市中区太田町1-4-2、電話:045-222-6201)

2019年7月9日

( (data-mix.org)

映画・ビデオ制作の会社なので、太代真裕氏の会社である可能性が高いですが、断定はできません。

今まで太代真裕氏が手掛けてきた作品は、以下の通りです。

太代真裕の作品

2006年 BACK FIRE 強制奪還 脚本
2007年 セックスエリート 年収1億円、伝説の風俗嬢をさがして 製作プロデューサー
2008年 やさしい旋律 プロデューサー
2009年 いぬばか 企画・プロデュース
2011年 それでも花は咲いていく 製作
2012年 スープ ~生まれ変わりの物語~ 製作
2013年 花鳥籠 企画・プロデュース
2014年 フレア 製作総指揮
2014年 HARAJUKU CINEMA エグゼクティブプロデューサー
2016年 少女椿 製作
2019年 睡魔 企画・プロデュース

 




まとめ

「太代眞裕【顔画像】詐欺内容まとめ!嫁や子供や経歴・作品についても!」についてまとめました。

太代真裕氏の詐欺内容をまとめました。

●ギャラ未払い
●立て替えた経費未払い
●DVD未販売で返金していない

嫁や子供については、公表されていないためわかりませんでした。

最後までお読み頂きありがとうございました。







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ