政治

【谷脇康彦】更迭後はどうなる?定年退職で退職金の差額はいくら変わる?

谷脇康彦氏は菅総理の長男からの接待問題で減給処分を受けていましたが、更にNTTからも接待を受けていたことがわかりました。

この違反接待に対して、武田総務大臣は谷脇康彦氏を「更迭」処分することがわかりました。

「更迭」とは”人事処置の一つ。

高い地位についている人間の役職を解き、別の人間を当該役職に充てること”を指します。

一般企業でいえば、役職を下ろされる”降格”に値することです。

では、谷脇康彦氏は「更迭」後はどうなるのでしょうか?

また、定年退職になった場合、更迭前と更迭後の役職では退職金はいくら変わるのでしょうか?

気になるので調べて見ました。

【この記事からわかること】
●谷脇康彦氏は更迭後、どうなる?
●谷脇康彦氏は定年退職?
●谷脇康彦氏の更迭前と更迭後の退職金の差額はいくら?

題して「谷脇康彦は更迭後どうなる?定年退職で退職金の差額はいくら変わる?」についてまとめます。

谷脇康彦総務審議官がNTT接待を受けた店はクラブノックス麻布に特定!菅政権になって、最近もっぱら問題になっているのが議員の接待。 次々に浮上する接待疑惑で、またもや谷脇康彦・総務省総務審議官と、給与...

谷脇康彦氏は更迭後、どうなる?

谷脇康彦氏が2021年3月8日に「更迭」が発表されました。

では、更迭後はどうなるのでしょう?

谷脇康彦氏の現在の役職は、”総務審議官”でした。

更迭後は、”大臣官房付となります。

谷脇康彦氏が今まで付いていた総務審議官の役職についての説明は下記のようになります。

総務事務次官に次ぐ総務省における官僚のナンバー2のポストであり、いわゆる次官級審議官職の一つとして総務省設置法に定められている「特別な職」である。

Wikipediaより引用

つまり、NO.2のポストを失ったことになります。

総務省の役職について簡単にまとめました。

【総務省官僚の役職について】

総務大臣
2 副大臣
3 大臣政務官
4 事務次官
5 総務審議官
・・・
下級 大臣官房

大臣官房は、総務省の官僚においては一番したの役職にあたるようです。⇒参照(総 務 省 幹 部 職 員 名 簿

この中で、大臣、副大臣、大臣政務官までは基本的に国会議員が任命されますので、官僚のトップは事務次官です。

事務次官は、職業公務員(官僚)が就く一般職の職員のうち最高の地位で、事務方の長といわれているので、省庁内における最高位という位置付けです。

谷脇康彦氏は、携帯電話の値下げ事業に貢献し成果を出したとみられていたため、次期事務次官の最有力候補だったとされています。

谷脇康彦氏自身も、最高位の事務次官になることに胸を膨らませていたことでしょう。

しかし自業自得ですが、とても残念なこと結果になりましたね。

そこで、更に残念なことがもう一つありました。

谷脇康彦氏は定年退職?退職金の違いは?

谷脇康彦氏は60歳で定年退職!

谷脇康彦氏の生年月日は1960年9月11日生まれで、現在60歳です。

そうなると、谷脇康彦氏は国家公務員法では定年退職の年齢になります。

国家公務員定年は、国家公務員法第81条の2第2項に規定されており、原則60歳になっています。 具体的には、60歳に達した以後における最初の3月31定年退職日になります。

引用:人事院

でも実は、官僚の役職によって定年する年齢が変わるんです。

だだし、次に掲げる職員については、別の定年年齢が定められています。

    ・ 病院、療養所、診療所等に勤務する医師、歯科医師等 65歳
    ・  守衛、巡視、用務員、労務作業員、在外公館に勤務する職員等 63歳
    ・  事務次官、外局の長官等 62歳

引用:人事院

つまり、事務次官の場合は定年が62歳まで延びますが、官房付への異動で、この特例が適用されなくなるため、60歳で定年退職となってしまうことがわかります。

【国家公務員の定年退職年齢の違い】

・総務審議官:62歳
・大臣官房付:60歳

このまま順調に総務審議官として働いていれば、60歳過ぎて事務次官へ出世し、62歳まで任務を全うすることができました。

しかし、大臣官房となれば60歳で定年退職となります。

谷脇康彦氏はこの「更迭」により、二つの失態をおかすことになります。

・62歳まで勤務することが出来たが、60歳で定年退職となる
・事務次官での退職が、大臣官房での退職となる

この失態二つが何に一番影響するかというと、退職金です。

谷脇康彦氏の退職金の差額は?

では、谷脇康彦氏の退職金の差額はどれくらい違うのでしょう。

国家公務員の退職金の一例になります。

○ 退職手当=基本額(退職日の俸給月額×退職理由別・勤続期間別支給率×調整率)+調整額

〇俸給月額が減額されたことがある場合は特例があります。

引用:内閣官房

これは、国家公務員の退職金のモデルケースになります。

事務次官 おおよそ7500万円
総務審議官 おおよそ5000万円
大臣官房付 おおよそ4000万円

働いている勤続年数や基本給によって異なりますので、参考までにして下さい。

谷脇康彦氏は、接待問題で3か月分の給与が20%減給になっています。

色々な影響を加味すると、62歳で退職し推定7500万円受け取ることのできた退職金が、今回の接待問題の影響で推定4000万円下がることになります。

何と、3500万円もの退職金が変わることになります。

ポストを失い、減給され、退職金さえも下がることになった谷脇康彦氏・・・。

後2年頑張れば、地位も名誉も退職金もすべて満額だったのに惜しいことをしてしまいましたね。

接待の代償は、3500万円と大きいものになりました。

まだ、定年退職との報道は発表されていない為、今後の谷脇康彦氏についての情報は聞き逃せませんね。

まとめ

『【谷脇康彦】更迭後はどうなる?定年退職で退職金の差額はいくら変わる?』についてまとめました。

谷脇康彦氏の更迭後は、

谷脇康彦氏の現在の役職は、”総務審議官”でした。

更迭後は、”大臣官房付”となります。

また谷脇康彦氏は官僚のトップである、事務次官の最有力候補だったとされています。

今回の「更迭」により、官僚トップの事務次官への夢が打ち砕かれました。

また、「更迭」で役職が変わったことによって、定年退職の年齢が62歳から60歳へなることで、現在60歳の谷脇康彦氏は、2021年3月31日で定年退職することになります。

そこで、大幅に変わったのは退職金でした。

事務次官になり、62歳で定年退職すれば、推定7500万円もらえた退職金が、大臣官房となり、退職金は推定4000万円程に下がります。

推定3500万円少なくなることがわかりました。

まだ、定年退職になるとの正式な発表がなされていない為、今後どうなるか注目が集まります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

谷脇康彦総務審議官がNTT接待を受けた店はクラブノックス麻布に特定!菅政権になって、最近もっぱら問題になっているのが議員の接待。 次々に浮上する接待疑惑で、またもや谷脇康彦・総務省総務審議官と、給与...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ