芸能

佐藤健寿の愛用眼鏡のブランドはレイバン!オシャレな車や自転車も調査!

2021年5月19日21時から「クレイジージャーニー松本人志×設楽統×小池栄子1年半ぶりに再集結!SP」の放送があります。

クレイジージャーニーといえば、写真家の佐藤健寿(さとう・けんじ)さんを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

今回のクレイジージャーニーでも、【奇界遺産・佐藤健寿×8万人が集まる!世界最大級の奇妙なイベント「バーニングマン」】という内容で佐藤健寿さんが出演します。

佐藤健寿さんと言えば、身に付けているものがすべてオシャレで、ついつい目を引いてしましまうセンス抜群のイケメン男子です。

特に印象に残るのが、いつも欠かさず身に付けている黒縁のメガネです。

この記事では、佐藤健寿さんの黒縁メガネについて調べて見ました。

題して「佐藤健寿の愛用眼鏡のブランドはレイバン!オシャレな車や自転車も調査!」についてまとめます。

佐藤健寿の愛用眼鏡のブランドはレイバン!

佐藤健寿がいつも身に付けているカッコイイ黒縁メガネはこんな感じです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Sato 佐藤健寿(@x51)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kenji Sato 佐藤健寿(@x51)がシェアした投稿

かっカッコイイ!!

このカッコよすぎる佐藤健寿さんの愛用している黒縁メガネのブランドについて調べました。

佐藤健寿さんの愛用している黒縁メガネのブランドは、レイバンであることが分かりました。

佐藤健寿さんの黒縁メガネの商品は、

Ray-Ban RX5017A 2000 52サイズ

こちらの商品だと思われます。

Image

お値段は、15,000円(税込)くらいのようです。※変動あり

 

佐藤健寿さんは海外に行くことが多いため、荷物を減らすためにメガネにしているそうです。

コンタクトにするとコンタクトケースやコンタクト液などを持ち歩かなくてはなりませんよね。

眼鏡だと、身につけているだけなので荷物にはならないという理由で、眼鏡を愛用しているそうですよ。

ちなみに、佐藤健寿さんのサングラスもレイバンだそうです。

佐藤健寿のオシャレな車や自転車も調査!

佐藤健寿さんは、洋服もバックも持ち物すべてのファッションセンスが抜群でカッコイイんですよね!!

洋服やバックなどは機能性も重視しているそうです。

洗濯やしやすかったり、海外に行く時に持ち運びやすかったり、使いやすさが大切と語られていました。

移動の多い佐藤健寿さんは乗り物にもこだわっているそうです。

では、佐藤健寿さんの愛用している車や自転車についても紹介しますね。

佐藤健寿が愛用している自家用車は?

佐藤健寿さんが愛用いている自家用車は、ランクルです。

海外で乗る時も、ランクルを選んで乗ることが多いそうです。


TOYOTAのランクル(ランドルクルーザー)の特徴は3つあります。

●人を乗せることも、荷物を沢山のせることもできる広い空間
●4WDで山道、岩道、世界中の険しい悪路を走ることが可能
●季節を問わず、過酷な環境下でも快適性や機能性が充実している

機能性を見ると、カメラマンとして荷物が多かったり、世界中の悪路を走る佐藤健寿さんにとっては、願ってもない車ですね。

そして、ランクルと佐藤健寿さんの2ショットが似合いすぎます。

タイヤは、TOYO TIRES(トーヨータイヤ)がおすすめとのことでした。

佐藤健寿が愛用している自転車は?

佐藤健寿さんが愛用している自転車のブランドは、「モールトン」です。

奇妙なモノを追い続ける写真家・佐藤健寿がハマった美しい小径自転車 ...

佐藤さんが愛用されているというモールトンとはどんな自転車なんでしょうか?

「モートン」は、タイヤ径20インチ以下の自転車の小径車の元祖と言われているそうです。

佐藤健寿さんがこの自転車に乗り始めたのは、10年前くらいだそうです。

もともとロードバイクが好きだったそうですが、自転車は自宅の周りを少し走るくらいしか使われていないそうです。

佐藤健寿さんがモールトンを選んだ理由は、こう語っています。

改造が楽しくて。
だから普段は部屋に置いているのですが、ただ飾りっぱなしではなくて、やっぱりちょっとは乗りたいという思いもある。

がっつり乗るわけでもないから小径車でいいんです。

それで、最初にイギリスの「ブロンプトン」という自転車メーカーの折りたたみの小径車を買いました。これはこれで趣味性の高い自転車で、今はモールトンより人気があるし、だいたいの人はそこで止まるんですけど、ぼくはその後モールトンにいってしまった。

カメラでもクルマでも何でもそうなんですけど、自分の中で趣味性の高いものを突き詰めていくと行き着くブランドというのがあって、自転車の場合、それがモールトンだったんですよね。

 

モールトンは値段が高く、注文してから届くのに、2~3年かかるそうですよ。

佐藤健寿さんの自転車は、小径車屋さんに入ったらたまたまモールトンの自転車が完成車で売られていたそうです。

とてもレアな1台だったため、けっこうなお値段だったそうですが、その場で買ってしまったそうです。

その気になるお値段は、フレームのみで100万円。

全部合わせるとそこそこの中古自動車が買えるくらいだそうです。

高級自転車ですね!!

こだわり抜いて行き着いたものが、レイバンだったり、モールトンの自転車だったりするんですね。

まとめ

「佐藤健寿の愛用眼鏡のブランドはレイバン!オシャレな車や自転車も調査!」についてまとめました。

佐藤健寿の愛用眼鏡のブランドはレイバンでした。

オシャレな愛用の自家用車はランクルで、自転車がモールトンでした。

どれもお値段が高いものですが、こだわり抜いてこそ行き着いた佐藤健寿さんの逸品であることがわかりました。

そして、すべてのものがハイセンスでとてもお似合いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ