芸能

西城秀樹の息子|木本慎之介デビュー目前!俳優になりたい理由とは?

西城秀樹さんの長男である木本慎之介さん(17才)が現在開催中の日本一の男子高生を決めるコンテストにエントリーしていることがわかりました。

その名も男子高生ミスターコンテスト2021

このコンテストに応募し、書類審査を通過したそうです!!

西城秀樹さんといえば、昭和の代表的なアイドルですよね。

目鼻立ちがくっきりとして、とてもイケメンです。

そんな西城秀樹さんの息子となると、どんなイケメンかとても気になりますよね。

この記事では、西城秀樹さんの息子である木本慎之介さんの「男子高生ミスターコンテスト」デビューついてまとめました。

【この記事でわかること】
●木本慎之介について
・慎之介がデビュー目前?!
・男子高生ミスターコンテスト2021について
●木本慎之介が俳優になりたい理由
・昔の父との関係
・俳優になりたい理由

西城秀樹の息子、木本慎之介について

西城秀樹の息子、慎之介がデビュー目前?!

西城秀樹さんは46才のときに結婚して、妻・美紀さんとの間に3人の子供がいます。

2003年に生まれた第2子が長男の慎之介さんです。

50歳近くでパパになった秀樹さんの親バカぶりは相当のものだったようです。

慎之介さんが5歳の頃、「ドラムをやりたい」というと、喜んだ秀樹さんはすぐにドラムを習わせたそうです。

そのおかげで音楽は幼い頃から培われてあり、声質も歌唱力も西城さん譲りで音楽センスは太鼓判のようですよ。

顔立ちも西城さんの面影がある父親に負けず劣らずのイケメンです。

しかし、父親と過ごした時間はそんなに長いものではありませんでした。

慎之介さんが生まれて15年後・・・。

2018年5月、西城秀樹さん(享年63)が急性心不全のため亡くなりました。

あまりにも早いお別れにファンも騒然としました。

この時は、芸能界には興味のなかった慎之介さん。

その心境がかわったのは、2021年のこと。

2021年1月13日 Twitter投稿

「書類審査通過!次は4月 いい報告ができるようにできることすべてやる」

2021年1月20日 Twitter投稿

「やっぱり俳優になりたいなって思った 一日がんばろ」

この投稿で、慎之介さんが”俳優になりたい”ということがわかり、話題となりました。

その”俳優になりたい”登竜門として選んだのが『男子高生ミスターコンテスト2021』だったというわけです。

『男子高生ミスターコンテスト2021』とは?

では、慎之介がエントリーしている『男子高生ミスターコン2021』ってどんなものなんでしょう?

『男子高生ミスターコンテスト2021』とは、2015年にスタートした”日本一のイケメン高校生”を発掘するコンテストです。

審査には約1年もかけ、高校生に人気のSNSやアプリを使用した応援投票による審査を組み込むなど、グランプリ決定までの過程を視聴者参加型で楽しんでもらう、新しい形のオーディションです。

2020年は8000名もの応募があったそうです。

審査内容はダンスや演技等もあり、かなりハードルが高そうですね。

『男子高生ミスターコン2021』の応募について

[応募期間] 2020年12月20日〜2021年8月初旬予定
[募集対象]
  1. 2003年4月2日〜2006年4月1日生まれの方(15歳~18歳)
  2. 特定の事務所に所属されていない方
  3. 保護者の同意を得ている方
  4. 学校の校則で芸能活動が禁止されていない方
  5. 国籍、身長不問
[応募方法] エントリー用公式LINEよりエントリー

応募の対象は、高校生に限られているようですね。

慎之介さんは、2003年生まれ。来年度には高校3年生になるので『男子高生ミスターコン2021』に出場できるのは、最初で最後のチャンスになるようです。

審査方法

  • エントリー受付開始
  • 書類審査開始
  • 面接審査開始
  • エントリー締切
  • SNS審査開始
  • セミファイナリスト発表(約100名選出)
  • セミファイナルSNS審査開始

各エリアに分かれて”地方週末レッスン”を行い、レッスンでの評価やWEB投票、
配信審査、各SNS審査結果に基き、ファイナリスト9名を選出。

  • セミファイナル審査終了
  • ファイナリスト発表
  • 敗者復活戦 LINELIVE審査開始
  • 敗者復活戦 LINELIVE審査終了(数名追加)
  • ファイナリスト合宿開始(十数名)

ファイナリスト達は今後2~3ヶ月間に亘り東京にて毎週土日に実施される
ダンスや演技のための”週末レッスン”に参加
レッスンの様子やファイナリストの素顔等は、ドキュメンタリー番組として制作し、
AbemaTVにて男子高生ミスターコン公式番組を放映する。

  • グランプリ決定

「男子高生ミスターコン2021グランプリ発表イベント」にてグランプリを
決定する。

※コンテスト内容は毎年若干異なります・
 また、コロナ禍のコンテストの為、2021年は内容が変更になる場合があります。

グランプリまでの道のりには沢山の難所があり、選ばれた人ぞのみ進める道ですね。

こんなに厳しいとは思っていませんでした。

ファイナル審査でグランプリに選ばれると?

ここまでの難関をくぐり抜けるには、センスと努力とそれなりの覚悟の気持ちがないと無理ですよね。

彼らがそこまでしてグランプリを目指したい理由は、大手芸能事務所に所属する権利を手に入れることができるからなんです。

これまでのグランプリの中には、すっかり若手イケメンの登竜門となった仮面ライダーシリーズの主演に抜擢された方もいます。

このコンテストでトップを勝ち取れば、スターへの道を歩み始めることができる大きな一歩となるんですね。

★男子高生ミスターコン2020ファイナリスト

#北林天虎
#池田陽音
#飯泉遥斗
#布目裕貴
#三輪涼太
#三島啓史
#河地航陽
#笹岡尚瑛
#中野晴仁
#篠本晴輝
#早川隆勢
#纐纈大樹

応募総数約8000人の中から、埼玉県の高校2年生の中野晴仁さん(17)がグランプリに輝いています。

イケメンすぎて眩しすぎますね。

慎之介さんは、現在書類審査に合格した状態です。

これって、よく考えるとまだ一番初めのスタートラインに立っただけなんですよね。

そうなると、これからが正念場になってくるわけです。

その厳しさは慎之介さんが一番知っているはず。

そこで、慎之介さんがコンテストに向けてやり始めたこととは?

慎之介が俳優になるためにやり始めたこと

『男子高生ミスターコンテスト2021』のグランプリに選ばれ、俳優としての道を切り開いていきたい慎之介さん。

”親の七光り”だけでグランプリに選ばれるわけがありませんよね。

そこで、慎之介さんが始めたことは、

●ボイストレーニング    週3回
●EXPG(ダンススクール)  週2回

ほぼ毎日レッスンですね。慎之介さんの本気度が伝わってきます。

俳優になるためには、努力を惜しまずに日々レッスンに励んでいるようです。

慎之介さんの特技のサッカーやドラム等もアピールポイントになりそうですね。

西城秀樹との関係は?慎之介が俳優になりたい理由

昔、西城秀樹は尊敬できない父親だった?!

実は慎之介さん、昔は父親の西城秀樹さんに複雑な感情を抱いていたようです。

その理由は、慎之介さんが生まれた時、父の西城秀樹さんはすでに48歳でした。

そうなると、当然子ども達はアイドルだった頃の秀樹さんを知ることもなく育ちました。

そして子ども達が見てきた姿は、アイドルという華やかな姿とはかけ離れた脳梗塞と闘い続ける父の姿だったといいます。

特に長男であった慎之介さんは、秀樹さんの体調を心配する気持ちと、家族の助けがないと生活もままならない父の姿に苛立ちを感じていたようです。

秀樹さんの妻・美紀さんの著書『蒼い空へ』の中にこのようなエピソードがありました。

慎之介さんが中学生の時に、足を引きずって歩く父親の姿を同級生に見られたくないという思いで、「恥ずかしいから、パパは絶対に、学校にこないで」といったそうです。

ちょうど、思春期の時期で気持ちも複雑だったんでしょうね。

父親に複雑な感情抱いていた彼が、父が亡くなってなぜ今俳優を目指そうとしているのでしょう?

慎之介が俳優になりたい理由

そんな慎之介さんの心境が変わったのは、父、西城秀樹の存在がいなくなってからでした。

秀樹さんが亡くなった直後、家族で出演したテレビ番組で、慎之介さんは父についてこう語りました。

「亡くなってから、(父の出演している)テレビを見たりすると、すごかったんだなぁというのは思います」

身近にいるときは、病気の父としてしか見ることが出来なかったけれども、亡くなって世間の目に映るアイドルとしての西城秀樹を客観的に見ることが出来るようになったのかもしれませんね。

高校生になり、見た目だけでなく心もグンと成長した慎之介さん。

父が亡くなった今、父の偉大さに気づき、父親の背中を追いかけたくなったのでしょう。

しかし、その目指している道は”親の七光り”ではなく、自分の力で掴みとる!!そんな強い気持ちで挑んだのが『男子高生ミスターコン2021』なのではないでしょうか?

まとめ

西城秀樹さんの息子、木本慎之介さんが「男子高生ミスターコンテスト」にエントリーし、書類審査に受かったことがわかりました。

「男子高生ミスターコンテスト」は、歌やダンス、演技力等を問われる非常に厳しいコンテストになります。

このコンテストでグランプリを獲得すると、芸能界への大きな一歩と繋がります。

2021年”俳優になりたい”とSNSに投稿した慎之介さんは、芸能界への第一歩を踏むために

コンテストに応募しました。

慎之介さんが”俳優になりたい”と思ったのは、父親、西城秀樹が亡くなってからその偉大さに気づき、父の背中を追いかけたくなったからでした。

そして、それは”西城秀樹の息子”としてではなく、”木本慎之介”の実力として認めてもらうために、父の名を使わずに「男子高生ミスターコンテスト」に応募を決意いたようです。

慎之介さん、グランプリ目指して頑張って下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ