スポーツ

大谷翔平の親や兄姉の身長は?子供時代の身長推移や幼少期の食事の秘訣!

大谷翔平は岩手県奥州市出身のプロ野球選手です。

2021年現在は、MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属しています。

大谷翔平選手は海外でも次々に記録を更新し、今ではメジャーリーグ選手で「オオタニ」を知らない人はいないくらい急成長を果たしました。

そして、大谷翔平選手といえば海外選手と並んでも劣らない長身で大きな体をしていますよね。

大谷翔平選手は子供の時から身長が高かったのでしょうか?

大谷翔平選手の親や兄姉も身長は高いのでしょうか?

題して「大谷翔平の親や兄姉の身長は?子供時代の身長推移や幼少期の食事の秘訣!」についてまとめます。

大谷翔平の親の身長は?兄や姉の身長は?

大谷翔平選手の身長は、約193㎝です。

ちなみに体重は、95.3㎏です。

大谷翔平選手の身長・体重

身長:193㎝
体重:95.3㎏

日本人の成人男性の平均身長は170㎝くらいなので、大谷翔平選手は23㎝も大きいことになります。

ボウリングのボールの直径が約22㎝なので、大谷翔平選手は日本人の平均男性よりも更にボウリングのボール1個分高いことになります。

俗にいう「頭一つ分違う」ことになります。

では、親や兄や姉の身長はどうなのでしょうか?

大谷翔平選手は、5人家族です。

大谷翔平の家族の身長

  • 大谷  徹(父親) 182cm
  • 大谷可代子(母親) 170cm
  • 大谷 龍太(長男) 187cm
  • 大谷 結香(長女) 168cm
  • 大谷 翔平(本人) 193cm

家族全員、日本人の平均身長よりも高いことがわかります。

日本人の成人女性の平均身長は158㎝くらいですので、母親や姉も平均より、10㎝以上高いことがわかります。

父親や兄も12㎝以上も高いです。

家族全員で長身ですね!!

そして、そんな家族の中でもスバ抜けて大きいのが大谷翔平選手です。

しかも、メジャーリーガーの平均身長は186.7㎝なので、海外のメジャーリーガーの選手よりも大きいんですよ。

それは海外の選手に囲まれても引けも劣らず、存在感があるはずです。

家族全員で長身の大谷家ですが、身長が伸びる理由はただの遺伝なのでしょうか?

もしくは、幼少期からの食事が影響しているのでしょうか?

気になりますよね。

大谷翔平の子供時代の身長推移や幼少期の食事の秘訣!

大谷翔平の子供時代からの身長・体重推移

【年齢】 【身長】 【体重】
小学6年 167㎝ 不明
中学3年 180㎝ 65㎏
高校3年 190cm 85㎏
日本ハム入団当時 190cm 93㎏
現在 193㎝ 95㎏

小学校6年生の時の大谷翔平選手の身長は167cmです。

小学6年生の男子の平均身長が151cmと言われていますので、平均よりも16cmも身長が高いとなると、当時からかなり目立つ存在だったことがわかります。

大谷翔平選手は小学3年生の時に、元社会人野球選手だった父親と野球をしていた兄の影響で水沢リトルリーグで野球を始めました。

水沢リトルリーグは、全国大会に出場するほどの強豪チームでした。

大谷翔平選手の球の速さは小学生の時から健在で、小学5年生にして110km/hの球を投げたことが岩手県営野球場で記録されてあるそうです。

小学校6年生身長は167cmが、中学3年になる頃には180cmにまでに伸びていました。

そして、花巻東高校卒業時には190cmまで伸びます。

更に驚いたことに、日本ハム入団時には190㎝だった身長が、現在は193㎝に伸びていることです。

社会人になってもまだ成長し続けている大谷翔平選手ですが、成長しているのは身長だけではありません。

2021年、松井秀喜選手が持っていた日本人選手最多本塁打記録であった31本をシーズン前半に塗り替えました。

また、米スポーツ界で目覚ましい活躍をした選手や優れたプレーなどに贈られるESPY賞の「ベストMLB選手」部門に日本人選手で初めて選出されました。

ロサンゼルスでは、ショータイム」「オオタニサン」コールが鳴りやみません。

これからも、大谷翔平選手の成長は止まりません!!

大谷翔平の幼少期の食事を調査!

大谷翔平選手の身長が大きいのは、遺伝的な要素も十分にあるとおもいますが、幼少期からどんな食事を摂って大きくなったのか気になっている方も多いと思います。

兄姉も身長が高いとなると、食事に何かしら身長の伸びる秘訣があるのでしょうか・・・。

実は大谷翔平選手は、幼少期はあまりご飯を食べない子どもだったそうです。

子供があまりご飯を食べないと、親としては心配になりついつい食べるように口出ししてしましそうですが、大谷翔平選手の母親は無理に食べさせることは一切しなかったそうです。

食事が子供にとって”楽しい時間”となるように、家族揃って食事を摂るようにしたそうです。

そうすることで、あまり食べなかった大谷翔平選手も、楽しいと感じる食事の時間を過ごすうちに自然に食事の量が増えていったそうですよ。

その後は着実にご飯の量が増えていき、高校時代には一日にご飯を13杯食べるようになっていたそうです。

そして、高校生活3年間の間に、20kgもの体重を増やたそうです。

1日の食事はプロテイン摂取も含めて6~7食摂り、好物であるお菓子や甘いものは我慢したそうですよ。

身長が伸びただけでなく、野球に必要な筋肉をつけるための体作りも一緒にされていたんですね。

大きいだけでなく、筋肉マッチョな体付きがとても魅力的ですよね。

力強い二刀流のプレーは才能だけでなく、しっかりとした体作りから始まっていたんですね。

これからも大谷翔平選手の活躍を期待しています。




まとめ

「大谷翔平の親や兄姉の身長は?子供時代の身長推移や幼少期の食事について!」まとめました。

大谷翔平の親や兄姉の身長は次の通りです。

大谷  徹(父親) 182cm

大谷可代子(母親) 170cm

大谷 龍太(長男) 187cm

大谷 結香(長女) 168cm

大谷 翔平(本人) 193cm

子供時代の身長推移です。

小学6年 167㎝
中学3年 180㎝
高校3年 190cm
日本ハム入団当時 190cm
現在 193㎝

幼少期の食事については、食の細かった大谷翔平選手に無理やり食べさせようとはせずに、家族で一緒に食事を摂ることで、食事を楽しい時間になるように心掛けたそうです。

そうすることで自然に食事量も増えていったそうです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ