スポーツ

中村輪夢の父親が経営するBMX店はどこ?愛用自転車の種類や値段は?

東京五輪の新種目となった自転車BMXフリースタイル・パークの日本代表は、中村輪夢(リム)選手19歳です。

「輪夢」という名前の由来は、自転車の車輪の部品である「リム」から取って名付けられたそうです。

漢字は車輪・五輪の「」と「」で「輪夢」となっていて、まさに五輪に出場するために生まれてきたようなスゴイ選手なんですよ。

中村輪夢選手がBMXを始めたのは、父親の影響だそうです。

しかも、中村輪夢選手の父親はBMXの自転車専門店を経営しているそうです。

今回は「中村輪夢の父親が経営するBMX店はどこ?愛用自転車の種類や値段は?」についてまとめます。

中村輪夢の鼻のほくろは金メダルを呼ぶ!イケメン父親と母親の顔画像も!中村輪夢(りむ)選手は、自転車BMXフリースタイル・パーク日本代表の選手です。 2021年6月に行われた世界選手権で7位に終わった...

中村輪夢の父親が経営するBMX自転車専門店はどこ?

中村輪夢選手の父親は辰司(たつじ)さんといいます。

父親の辰司さんの経営するBMX自転車専門店は、どこになるのでしょうか。

父親の辰司さんが経営するBMX自転車専門店は、京都府の「HANGOUT(ハングアウト)」という店になります。

HANGOUT(ハングアウト)

【住所】京都府京都市右京区西京極堤外町18-45
【電話】090-8238-3679
【Facebook】@HANGOUTBMX


グーグルマップで調べた所、店舗らしき建物は確認できませんでしたが、こちらが「HANGOUT」のお店のようです。

HANGOUT」のInstagramを確認した所、お店の前で中村輪夢選手が練習する姿が確認されました。

お店の背景では、白いTシャツに「ハングアウト」と書かれた文字が見えました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HANGOUT BUUYOUNG(@hangoutbmx)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

HANGOUT BUUYOUNG(@hangoutbmx)がシェアした投稿

店の開業の年に辰司さんと妻の麻美さんは結婚をしました。

そして、3年後に輪夢さんが生まれたそうです。

中村輪夢選手は2002年生まれの19歳(2021年現在)なので、お店は1999年に開店し、すでに20周年を迎えたことがわかります。

BMXの値段は高額なものから低額なものまでピンキリですが、2万円代の手の出しやすいものから10万円以上するものまで様々あるそうです。

父親の辰司さんは輪夢さんのサポートも行っているため、現在お店は不定休で経営しています。

連絡先を載せていますので、行ってみたい方は一度開店しているかを確認して行かれることをおすすめします。

BMXが好きな方や中村輪夢選手のファンなら、一度は父親辰司さんの経営するBMXの専門店に行ってみたいですよね。

ちなみに辰司さんはBMX連盟のメカニック部門を担当しているため、BMXのマニアックな相談もできるそうですよ。

中村輪夢の愛用BMXの自転車の種類や値段は?

中村輪夢選手の愛用しているBMXの自転車の種類や値段を調べて見ました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿

こちらのBMXが中村輪夢選手愛用の自転車です。

中村 輪夢のシグネチャーSUBROSA Flight Frameは、彼のイメージを具現化し、キレのある高いエアーを繰り出すため、2.0kgと驚きの軽量設計で、ダブルバテッドパイプにより強く安定したフレームを実現しています。
サイズはトップチューブ20.25” , 20.5”, 20.75”, 21”の4サイズを展開しています。

blacktrans purpleの2色展開となっています。

– Rim Nakamura Signature Frame

– Sizes: 20.25” ‘20.5”, 20.75”, 21”

– 4130 chromoly, double butted top tube and down tube

– Head tube: 75° / 115mm

– Seat tube: 71° / 8.25”

– Chain stay: 12.9”

– BB: 11.6” / mid

– Weight: 2.0kg (20.5”)

– Colors: ED black, Trans Purple

こちらの商品は、部品などで値段が変わってくるため、中村輪夢選手の愛用しているBMXの自転車の値段の詳細は分かりませんでした。

中村輪夢選手のBMXの自転車はプロ仕様のものですので、今からBMXを始めたいと思っても中村輪夢選手と同じものを買うには勇気がいりますよね。

そこで、中村輪夢選手がプロデュースしている初心者用のBMXの自転車を紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

JykK Japan Inc.(@jykkbmx)がシェアした投稿

こちらの自転車は中村輪夢選手を長年に渡ってサポートしているアメリカ・フロリダの BMXブランド「SUBROSA BRAND」中村輪夢選手を元にプロデュースして作られたコンプリートバイク「Wings」です。

中村輪夢選手が乗るバイクのスペックをベースに、パークライディングに適した1台に仕上げています。

シティーユースも考慮したサイジング、ギア比に設計し、BMXに興味をもった方が初めて乗るのにはもってこいの仕上がりになっているそうです。

最近では、日本でもスケートボードやBMXなどのスポーツ人口が増えてきました。

子供から大人まで使用できるように、キッズライダーのサイズアップや、これからBMXを始めるジュニア世代に最適な18インチ、中村輪夢選手と同じサイズの20インチの2サイズが選べるそうです。

カラーラインナップは2色です。

中村輪夢選手が乗るフレームと同色のblackに加え、彼の生まれ育った町「京都」の伝統色である京紫をイメージしたtrans purpleの2色展開となっています。

Subrosa Wings Park 20inch Model 

top tube :20.2“/ chain stay: 12.7” / head angle : 75°/ seat angle : 71°
【価格】¥59,000(税別)

Subrosa Wings Park 18inch Model 

top tube :17.5“/ chain stay: 11.5” / head angle : 75°/ seat angle : 71°
【価格】¥58,000(税別)

このお値段でしたら、初心者の方でも手の出せるお値段ではないでしょうか。

気になる方は、お近くのBMX取扱店に行かれるか、もしくはJykK Japan(ジック・ジャパン株式会社)に問い合わせみて下さいね。

製品に関するお問い合わせ

ジック・ジャパン株式会社

info@jykk.com

中村 輪夢選手のBMXの自転車競技に注目が集まります。

もしかしたらオリンピックは、日本の国旗をイメージした白と赤のBMX専用自転車で出場するかもしれません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rim Nakamura/中村 輪夢(@rimbmx)がシェアした投稿




中村輪夢の鼻のほくろは金メダルを呼ぶ!イケメン父親と母親の顔画像も!中村輪夢(りむ)選手は、自転車BMXフリースタイル・パーク日本代表の選手です。 2021年6月に行われた世界選手権で7位に終わった...

まとめ

「中村輪夢の父親が経営するBMX自転車専門店はどこ?愛用自転車の種類や値段は?」についてまとめました。

中村輪夢の父親が経営するBMX自転車専門店は京都府の「HANGOUT(ハングアウト)」というお店になります。

愛用自転車の種類は、subrosabrandやJykKなどのパーツを組み合わせたものになります。

値段の詳細はわかりませんでした。

しかし、中村輪夢選手がプロデュースした初心者向けのBMX専用自転車の値段は、58,000円~59,000円でした。

中村輪夢選手のBMX競技に期待がかかります。

最後までお読み頂きありがとうございました。







COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ