生活

【幸先詣】とは?いつまでいい?宗像大社の初詣について【2021】

コロナ禍で迎える2021年お正月!

初詣をどうするか迷っている方も多いのではないでしょうか。

淡々と過ぎ去っていく間のある年の瀬に「来年はもっと充実感を得られる1年にしたい」との思いがいっそう募りますね。

新たに迎える2021年の初詣は、心機一転、1年の無事と平安を祈願しに神社を訪れたい方も多いと思います。

とはいえ、まだ収束の兆しが見えない、コロナ禍、混雑する場所は避けたいものです。

そうした世相を受け、各神社とも密回避や感染防止のためのさまざまな取り組みを実施しています。

通常より前倒して年内から縁起物の授与を行う「幸先詣」や、

参拝を控える人のために祈祷したお札の郵送にも応じるなど、

これまでにない様式を取り入れているところもあるようです。

そこで2021年福岡の初詣情報を「初詣はいつまでに行けばOK?」といったギモンにもお答えします。

幸先詣のネーミングはどこから?

「幸先詣」のネーミングは、福岡県内の神社でつくる福岡県神社庁が独自につくったそうです。

同庁は全国に先駆けて10月20日、年内から2月までの分散参拝を呼びかけましたが、

その際、ある神社の宮司から「幸先良くありますように」と提案があり、

12月中の参拝をこう呼ぶことにしたといいます。

「幸先詣」の呼び名は鹿児島市の照国神社や広島市の護国神社など他の地域の神社にも

広がっているようですよ。

一方、山口県防府市の防府天満宮は25日からの前倒し参拝を「予祝(よしゅく)詣」と独自に名付けたそうです。

コロナ禍の中、新たな参り方が誕生し、そして各地で縁起の良い呼び名が出来ました。

この年、特有の参り方になるかもしれませんね。

宗像大社の幸先詣はいつまで?

●宗像大社(宗像市)の幸先詣

幸先詣

期間:2月末までを「初参り」期間とし分散参拝を呼びかけ

12月1日~2月末まで、正月縁起物の授与期間を延長(なくなり次第終了)

開門時間:参拝6:00~17:00
     祈願9:00~17:00
※1月1日0:00~18:00、2日以降9:00~18:00

【コロナ対策】(例年と違う所)

○祈願受付・お守り・朱印授与は通常通り行っておりますが、祈願殿のみの対応で
9時~17時とさせて頂きます。
○ご祈願をお受けの方はマスク着用のままでも結構です。
○施設内は常時換気を行い、アルコール消毒液を各所に設置しておりますので
ご利用ください。
○職員は手洗いやアルコール消毒を徹底しマスク着用の上、応対いたしております。
※社会情勢に応じ、更なる対応の変化の可能性もありますので、ご不明な点はお電話(0940-62-1311)にてお問合せ下さい。

宗像大社までのアクセス

●車で宗像大社に行く際の駐車場は??

コロナ禍の中、交通手段は車を選択する方が多いのではないでしょうか。

宗像大社には、無料駐車場が3か所、500台完備してありますのでご安心ください。

【車】九州自動車道若宮ICより約20分、または古賀ICより約25分です。

第一駐車場の場所について

第一駐車場は、祈願殿の前に広がる大きな駐車場です。どうやらお正月以外に、こちらの駐車場に止められないという事態は起こらなそうです。北側には海の道むなかた館があるので、参拝後に立ち寄りやすいですね。

第二駐車場の場所

第二駐車場は、神宝館の近くにあります。もし第一駐車場が混雑しているときには、こちらを利用することをおすすめします。

というのも、第三駐車場は手水舎から神門を通るというルートからは最も遠い場所になってしまうからです。できるだけ正規のルートで参拝したい方は、こちらに車を止めた方が良いかもしれません。

第三駐車場の場所

第三駐車場は、第二宮(ていにぐう)・第三宮(ていさんぐう)の隣にあります。先ほども少しご紹介しましたが、宗像大社の正面から見て真逆にあるイメージです。どちらかというと、宗像護国神社に近い場所にあります。

●電車やバスで宗像大社へ行く際は??

年末年始は、西鉄電車も通常通り運行するそうです。

【バス】JR東郷駅より西鉄バス宗像大社前バス停から徒歩すぐ

最寄駅からのアクセス・行き方

【辺津宮】東郷駅から西鉄バス宗像で10分です。

【辺津宮】東郷駅から宗像大社までの行き方・道順・ルート・地図を見る

【中津宮】【沖津宮遥拝所】神湊漁港(宗像市玄海町 東郷駅から西鉄バス宗像で20分)より大島港まで宗像市営渡船で15分、市営フェリーで25分、港よりタクシーまたは徒歩。

【中津宮】【沖津宮遥拝所】神湊漁港から宗像大社までの行き方・道順・ルート・地図を見る

電車などのアクセスはこちらから時間を調べられます⇒こちら

 

●宗像大社について

玄海灘の孤島・沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三宮を総称して「宗像大社」という。沖津宮では、8万点に及ぶ古代祭祀神宝が出土し、そのすべてが国宝に指定された(現在は辺津宮神宝館にて収蔵展示)。2017年に世界遺産登録された『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産のひとつ。

住所: 福岡県宗像市田島2331番
電話: 0940-62-1311


 

▼こちらもチェック!
【2020-2021年】福岡県 – 2021初詣ほか主なイベントの中止・延期・開催情報

まとめ

宗像大社の幸先詣に行かれる方は12月~3月まで可能です。

幸先詣であれば、駐車場の混雑も心配ないので、提携の駐車場に停めることができると思いますので、三が日は避けて人手の少ない時に行くのがおススメです。

参考にしていただければ幸いです。

皆様にとって2021年が良い年になりますように、お祈り申し上げます。






COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ