生活

二重マスクは花粉症に効果あり?おしゃれや眼鏡の曇り止め予防にも!

マスクをつけることが日常になった今、沢山のマスクが出回るようになりましたね。

オシャレと思って買っては見たけれどサイズが合わなかったり、付けてみると意外と息苦しかったり、付け心地が悪かったり、皆さんも経験があるのではないでしょうか?

マスクがずれ落ちて鼻が出てしまっている人や顎にマスクをかけている人等を批判する人も多く、ニュースに取り上げられる程になりました。

そんな中、コロナにも花粉症にも負けない完全防止策として流行ってきているのが

マスクを二枚重ねる「二重マスク」です。

メディアでも見かけるようになりましたよね。

橋本五輪相や上川法務相も首相官邸に入る際に「二重マスク」をしていました。

さらに、もともとは布マスク1枚だった河野規制改革相も1月25日から不織布マスクの上に布マスクを重ねていました。 周囲から「布マスクだけでは飛散防止にならない」と勧められたからだそうです。

こうした「二重マスク」は日本だけではなく、アメリカでも増えてきているそうですよ。

バイデン大統領もその1人です。

世界に浸透しつつある「二重マスク」ですが、果たしてコロナ感染や花粉症予防に効果はあるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

【この記事でわかること】
●二重マスクはコロナ対策や花粉症対策に効果があるのか
・マスクの種類や付け方について
●二重マスクが増えている理由
・予防の効率アップ
・オシャレやファッションに!
・眼鏡の曇り対策

二重マスクはコロナや花粉症に効果あり?

二重マスクの効果に、2つの見解!!

二重マスクをしている人たちが期待しているのは、予防効果のアップですよね。

では、二重マスクは本当に予防効果が高まるのでしょうか?

その二重マスクの感染予防効果があるのか、アメリカで気になる見解が発表されました。

では、なぜ二つの見解にわかれてしまったのか考えてみました。

①素材によってマスクの効果が違う

最近では、お店に行くと沢山のマスクの種類が売られていますよね。

素材としてよく見かけるのは、3つです。

・不織布マスク
・布マスク
・ウレタン

マスクの素材によって、効果の差が目立ちますね。

➁マスクの付け方

不織布マスクを隙間なくしっかりと清潔につけていれば、マスクとしては最大の効果がみられますが、素材やサイズでどうしても効果が低下してしまう恐れがあります。

そのため、十分な予防をするのであれば二重マスクがおすすめというわけですね。

ちなみに、花粉やウイルスの大きさについてです。

・花粉
・黄砂(こうさ)
・PM2.5
・ウイルス

主にこの4種類の大きさを比較します。(大きい順)

・スギやヒノキ花粉は直径30~40μm
・黄砂は約4μm
・PM2.5は2.5μm以下です。
・ウイルス(ウイルス核)は約0.1μm、
(ウイルス飛沫(咳やくしゃみなど水分を含んだウイルス)は約2μmです)

※μm(マイクロメートル)は長さの単位で、1μmは1mmの千分の1の長さの0.001mmです。

コロナ感染予防対策をしていたら、必然的に花粉症対策になります。

「二重マスク」の効果については、コロナ感染予防と花粉症予防は同じ見解としてみてもらってよいと思います。

二重マスクをする人たちが増加した理由は?

「二重マスク」をしている人に、なぜ「二重マスク」をしているか尋ねたところ、3つの理由が見つかりました。

【二重マスクをしている理由3つ】
①コロナ感染対策や花粉症対策のため
➁オシャレやファッションのため
➂眼鏡が曇らないため

では、一つずつ意見を聞いていきましょう。

①コロナ感染予防や花粉症対策のため

やはり、予防が一番ですよね。

発熱外来のある病院の院長・50代男性: (N95マスク+不織布マスク)

2枚重ねはやっぱりウイルスとか細菌の飛沫感染を起こさないように。
呼吸器系の中にウイルスが入るのを防ぐということでしています。

40代女性:( 下が不織布+上がウレタン)

前に友達が電車の中でウレタンマスクだけを着けていたら怒られたって。
そしたら二重にした方がいいかなっていう話になって二重につけてます。

30代女性:(下がウレタン+上が不織布マスク)

自分自身の予防と相手に飛沫を飛ばさないということで。
不織布は鼻に直接つくとかゆいので、不織布を上にしてウレタンを下にしています。
息苦しさは全然ないです。

40代女性: 不織布だけだと白だけなので。おしゃれもしたいじゃないですか?
なので何か洋服に合わせて不織布プラスマスクの色変えたりします。

20代男性: 気分的に黒いマスクをつけたいなと。2枚にすると選択の幅が広がるかなと。

マスクをしたら眼鏡が曇るのは、あるあるですよね。

二重マスクにしたら、気密性が上がるためか眼鏡が曇りにくくなるそうです。

眼鏡が曇らなくなるのは、助かりますね。

ただ個人的には、耳の後ろが痛くなりそうな気がします・・・。

まとめ

「二重マスク」の効果についてまとめました。

「二重マスク」はコロナ感染予防や花粉症対策に効果は高まるそうです。

しかしながら、素材や付け方をきちんとしていれば一枚でも効果が見られるということでした。

「二重マスク」をしている多くの人は、予防効果を上げたい人がほとんどですが、マスクをおしゃれに付けたい人や眼鏡の曇り防止になって助かるという声も聴かれました。

これから、花粉症シーズンに入り更なるマスク対策が必要になります。

花粉症対策=コロナ感染対策になるので、マスクの付け方に気を付けてしっかり予防に心がけましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。









COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ