芸能

まなまる|ピアノやものまねが上手い理由は?年齢やプロフィールも!

今とてもバズっている話題の人「まなまる」さんが2021年2月15日放送の朝のテレビ番組「スッキリ」に出演しました。

まなまるさんは、”クレヨンしんちゃんのものまねをしながらピアノを弾く”という今までにない斬新な「ピアノ×ものまね」でブレーク中なんです。

はじめて聞いた人は、

「しんちゃんのものまね上手すぎ~!」

「ピアノのレベルが高すぎる!」

と驚かれたと思います。実は私もその一人でした。

ではなぜ、まなまるさんはこんなにピアノとものまねが上手なんでしょうか?

また、なぜ「ピアノ×ものまね」の発想に至ったのでしょうか?

そんな、まなまるさんがこの「ピアノ×ものまね」に行きつくまでのエピソードが、「スッキリ」で赤裸々に語られていたため、紹介したいと思います。

まなまるさんの気になる年齢やプロフィールも合わせて紹介していきます。

【この記事でわかること】
・まなまるさんがピアノが上手い理由は?
・まなまるさんがものまねが上手い理由は?
・「ピアノ×ものまね」に至るまでのエピソードを紹介
・まなまるさんの年齢などのプロフィールを紹介

まなまるがピアノが上手い理由

まなまるさんがピアノを始めたのは、4歳の頃でした。

この時からずっと音楽一筋で、高校では音楽を専攻し、大学は音大のピアノ科を卒業されています。

小学生から、将来の夢は「ピアニスト」と決めていたそうです。

「音楽を聴いてもらって、拍手がもらえるのがすごく嬉しかった」

スッキリでそう語っていたまなまるさん。

音楽で人に喜んでもらうことにやりがいを感じ、大学卒業後はフリーのピアニストとして活動をはじめたそうです。

まなまるさんがピアノが上手いのは、筋金入りだったわけですね。

4歳から現在までピアノ歴24年。

ピアニストレベルのピアノ演奏ができるわけなので、ピアノが上手いはずですね。

ものまねが上手い理由 

では、ものまねはなぜ上手なんでしょう?

その答えは、ものまねをひたすら練習したからなんです。

でも、なぜものまねを練習しようと思ったのか、「ピアノ×ものまね」に至るまでが気になりますよね?

これから順に紹介していきますね。

フリーのピアニストとして活動をはじめたまなまるさんでしたが、ピアニストという職業だけで生活するのは非常に厳しい状態だったそうです。

音楽が好きで続けようと思っていても、生活が成り立たないというシビアな問題が先立ち、音楽を好きではなくなっていく自分を感じ、ピアノをやめようと思ったそうです。

フリーのピアニストとしての活動は1年足らずで挫折しようとしたときに、

「本当にこれで終わるのかな?」と思ったら、

地元に帰る前にもうちょっと頑張ってみてもいいかなと考え直します。

「ただ、ただ、夢物語じゃないけど一発当ててやりたい。」

そんな気持ちがあり、最大の武器のピアノを使ったチャレンジを開始します。

そして、ピアノ×面白い企画を考えていきます。

でもすぐに「ピアノ×ものまね」にたどりついたわけではありません。

その数々の企画チャレンジは何と5つあり、5つ目にたどり着いたチャレンジが「ピアノ×ものまね」だったんです!!

では、「ピアノ×チャレンジ5つ」を紹介します。

「ピアノ×ものまね」が考案されるまでのエピソード

チャレンジ①「ピアノ×トーク生配信」

一番はじめにチャレンジしたことは、YouTubeで「ピアノ×即興生配信」です。

内容は、喋りながら歌いながらノンストップで曲を弾き続けるというものです。

生配信中に視聴者の生リクエストにお答えしながら、ひたすらピアノを弾きます。

その場で音楽のテンションを下げたり上げたりしながら、見ている人と緒に空間を作り上げる今までにないYouTubeの楽しみ方を考案しました。

こんな感じです。↓↓

チャレンジ➁「ピアノ×腹話術」

次にチャレンジしたのは、「ピアノ×腹話術」です。

腹話術をやろうとしたきっかけは、たまたまパペットを持ってたので腹話術をしたら面白くなかなという話になって練習してみたそうです。

そうすると、「結構出来るかも?!」となったそうで、それからいっこく堂さんの YouTube やテレビの番組を見て、独学で勉強したそうですよ。

独学で腹話術がここまで上達できるんですね!!

ちなみに、パペットの名前は「木村カエル」さんです。(笑)

 

チャレンジ➂「ピアノ×鍵盤ハーモニカ」

次のチャレンジは「ピアノ×鍵盤ハーモニカ」です。

ピアノと鍵盤ハーモニカを同時に弾ける人は、前代未聞ですね。

今回は視聴者からのリクエストでやり始めたそうです。

こちらも見てもらった方がイメージがわかりやすいと思います。

こちらです。↓↓

チャレンジ④「ピアノ×長時間配信」

次のチャレンジは「ピアノ×長時間生配信」です。

長時間ってどれくらい??と思いますが、一番長かった時で

なっなんと、12時間弾き続けたそうです。

その時の企画は、「センキュー」という気持ちを込めて「1009曲」弾き続ける企画だったため、その結果、12時間に至ったそうですよ。

普通なら「サンキュー」にして「39曲」にしますよね(笑)

さすが、発想のすごさがまなまるさんです。

この企画の映像は長いため控えさせて頂きます・・・。

チャレンジ➄「ピアノ×ものまね」

そして、最後にチャレンジしてバズったのが「ピアノ×ものまね」です。

沢山の人を笑わせたい、笑顔にしたい、そんな気持ちではじめたものまねが

NiziU の「Make you happy」でクレヨンしんちゃんのものまねをした所、これが大ブレークします。

まなまるさんが、こんなにもものまねが上手いのは、腹話術と同じようにただひたすら練習を重ねたからだそうです。

しかも、持ちネタはクレヨンしんちゃんのものまねだけではありません。

ピカチュウやドラえもんやONE PIECEのチョッパー等、様々なモノマネに挑戦しているそうです。

試行錯誤の末に努力が実ったまなまるさん。

その成果が実り、年末にはものまねグランプリ(2020年12月放送)に出演し、「クレヨンしんちゃん×勝手にシンドバッド」を歌うと、ピアノとモノマネのクオリティの高さに一気に話題の人となりました。

そして、さらなる話題がこちらです。

「クレヨンしんちゃんのものまね×”うっせぇわ”」で更にブレーク!!

YouTubeが1ヶ月で800万回再生。

YouTubeの登録者数が3万人から30万人になります。

クレヨンしんちゃんのものまねと”うっせぇわ”の曲が、ドハマりしています(笑)

そして今現在も、4年間休まずに生配信を続けているそうです。

まなまるの年齢やプロフィールを紹介

名前:まなまる

本名:永藤 まな(ながふじ まな)

生年月日:1993年1月8日

年齢:28歳(2021年2月現在)

出身地:長野県

血液型:B型

身長:151㎝

チャームポイント:ほくろ

目指している人は、”清水ミチコさん”のような、歌えてものまねができるおもしろい人だそうです。

充分に追いついてきている気がします(笑)。

まとめ

まなまるさんのピアノが上手い理由と、ものまねが上手い理由についてまとめました。

ピアノが上手い理由は、4歳の時から今までピアノが好きでやってきたためで、その腕前はピアニストを目指していた程の実力でした。

ものまねが上手い理由は、単純に「練習したから」ということでした。

これからも、まなまるさんがどんな企画を考えて、実行するのか期待ですね。

面白いYouTubeを、楽しみに待っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ