生活

働きながら育児を頑張るママに絶対読んでほしい【おすすめの育児本4冊】

こんにちは、わんぱくママです。

私は普段、正社員で働きながら3人の男の子を育てるワーキングママです。

働いていると、朝晩時間に追われイライラする時が沢山あります。

そして、イライラを子どもにぶつけてしまい、その後は自己嫌悪・・・。

今日も怒ってごめんね。

そんな毎日を過ごしている私が、落ち込んだ時気持ちをリセットしたい時に読んでいる“おすすめの育児本”を紹介したいと思います。

[toc]

おすすめの育児の本

①「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉

この本は男の子2人を育児中で、女医でもある“須藤 暁子さん“が著者です。

はじめは、男の子の育児で共感できることが沢山書いてあったので手に取ったのですが、読み進めると働きながら育児をする日常の忙しさや
働くお母さんならではの苦悩が綴ってありました。

内容のほとんどは作者の体験談になります。
文章が読みやすく、心に響くお母さんの言葉が沢山詰まっています。

すべての出来事に共感できるため、1ページごとに首をブンブン振って頷きたくなります。
まるで私の心の中を代弁してくれているように感じました。

働きながら育児を頑張っているママには絶対に読んでほしい一冊です。
楽しくて、面白くて、感動しながら、あっという間に読み終わりますよ。

実は、須藤 暁子さんはその後にもう一冊本を出版されています。

 

➁両立どころの騒ぎじゃない

この本も、育児をしながら医者という職業をし、更には執筆活動もし、寝る時間もない忙しい日々の日常が綴られています。

そんな中、私だったら「イラっ。」としてしまう子供の行動や発言にもユーモアあふれる対応をされていて、感性が違うと育児もこんなにかわるんだと考えさせられました。
いつもうっかりが多くて、なんでも良い意味で適当にこなし、失敗も笑いに変える著者の日常に元気をもらいます。
頑張っているママがここにもいる。大変なのは私だけじゃないんだ。
きっと、そう思って頂けると思います。

働いているママはもちろんですが、女の子の育児ママでも、専業主婦のママでも、沢山共感することのできる2冊です。

 

➂子どもがかわる 怒らない子育て

働いていると、時間に余裕が持てずついつい怒ってしまうことが増える気がします。

特に、朝晩「早くしなさい。」「なんで出来ないの。」を口癖のように言っています。

そんな言葉をいつも使っていて、育児がうまくいくはずないですよね。

毎日が悪循環で怒ってばかりいる自分に嫌気がさしたときに出会ったのがこの一冊でした。

育児中のお母さんは忙しくて、本を読む時間もなかなか取れないですよね。

そんな中、この本は一部が漫画で描かれているため、読みやすく理解が深めやすい内容になっています。

そして、他の育児本と違うのは、自分の怒りを分析していくこと。

怒らないような育児方法だったり、困った時に有効な言葉というのは、皆さんは何度も聞いたことがあると思います。

「こんなことしたほうが良いよ。」と言われて、その通りに出来るなら世の中のママは困りませんよね。

分かってはいるけど、やっぱり怒ってしまうのが育児というものです。

この本は、その“イライラ”や“怒り”を自分の中で分析して、処理できる方法を教えてくれ、自分を訓練することが出来ます。

「怒らないなんて絶対に無理」と思っていましたが、読み終わったら、“自分にも出来るかも“と前向きな気持ちになりました。

子どもにイラっとした時も、この怒りは必要な怒りなのか?対処できるものではないのか?と考える余裕が出来てきました。

私が毎朝「早く準備しなさい。」と怒りながら子どもを急かすよりも、「ここまで手伝うから一緒に準備しよう。」と笑顔で声をかける方が、何十倍も早く準備が出来て、親子が笑顔で気持ちよく出かけられるようになるんですよね。

著者の嶋津 良智さんは、もともと短気な性格で、職場でも家庭でもよく怒鳴っていたそうです。
自分自身を改善したいと考え、怒らない技術を使って怒りをコントロールする方法に気づき、実践して来られています。
他にも育児の本をいくつか出版されています。
・怒るのをやめると、わが子が「自分からやる子」に育つ!
・親子のイライラがスッーと消える42のテクニック

これを読めば、あなたも今日から毎日ニコニコ、スマイルママになれるはずです。

 

 

④PHP のびのび子育て シリーズ

小さめの本で手に取りやすく、コンビニやスーパー等でも売られている為、ふとっ目に付いてついつい購入してしまう本です。

特に、この本目当てに買い物に行っているわけではないのですが、目に付くとタイムリーに気になっていることが本に取り上げられている為、買って読んでしまいます。

本屋に行けばPHPの本の種類が多い為、気になる自分の育児の本を1冊だけ選ぶことができます。

本の内容もカラーで見やすく、絵も豊富に使われている為、非常にわかりやすいです。

子どものパターン分析があり、この子にはこんな育児が良いよ~とアドバイスが書いてあったり、基本の知識等、育児の再認識をすることができます。

小さくて持ち運びにも便利な為、出先や仕事の昼休み等、すきま時間に読めるのもおすすめです。

なんか、ちょっと育児で気になるな。とか、最近ここが不安だな。とか思った時に、ちょい足しで買ってほしい1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小学生までの「男の子」の育て方 [ 『PHPのびのび子育て』編集部 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2020/11/20時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

育児を頑張るママに、仕事もこなしているママにおすすめの本4冊、いますぐ読んでみたいと思いませんか?

育児って正解がわかりませんよね。場面に合わせて、成長に合わせて、子供への対応を変えないといけません。

うまくいくときもあれば、うまくいかないこともある。

悩んでるお母さんはあなただけではありません。いつも笑顔のお母さんでいたいと悩んでいるだけ、あなたはもう立派なお母さんです。

でも、ちょっぴり育児に疲れたり、気持ちをリセットしたい時には、ぜひおすすめの本を手に取って見てください。

きっと、前向きな気持ちがうまれるはずです。

毎日、頑張っている沢山のお母さん、お疲れ様です。

本を読んで、明日からはとびっきりの笑顔で過ごせますように・・・。

 

ABOUT ME
わんぱくママ
男の子三人兄弟(小3・小1・年中)の母です。 毎日正社員で働きながら子育てに奮闘しています。 子育ての楽しさや大変さを沢山の方と共有できたらと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ