芸能

ジャニーズ25周年の壁!歴代グループが解散に追い込まれた理由は?

最近、ジャニーズ事務所の脱退や休止、グループの解散などの報道をよく耳にするようになりました。

ジャニーズ事務所を脱退することで、同じグループで活動していたメンバーにも影響が及び、解散するグループも増えてきました。

歴代の有名なグループとしては、「SMAP」や「V6」等、活動休止になった「嵐」等が記憶に新しいのではないでしょうか?

どのグループも20年以上の間ジャニーズのグループとして活動していましたが、なかなか越えれないのが「25周年の壁」。

グループの歴史が25周年をなかなか越えれないのは、なぜでしょうか?

【この記事からわかること】
●ジャニーズ25周年の壁!歴代ジャニーズのグループ歴
●歴代ジャニーズが25周年を越えれない理由は?

題して「ジャニーズ25周年の壁!歴代グループが解散に追い込まれた理由は?」についてまとめました。

ジャニーズ25周年の壁!歴代ジャニーズのグループ歴

ジャニーズの25周年の壁が、とてつもなくぶ厚くて高いようです。

歴代ジャニーズがどれくらいグループ活動が続いているか調べて見ました。
(※2021年3月現在の期間になります。)

グループ名 活動期間 解散 ジャニーズ事務所退所メンバー
SMAP 25年3か月 2016年12月 香取慎吾・草彅剛・稲垣五郎・中居正広
TOKIO 26年6か月 2021年3月長瀬智也のみ退所予定
V6 26年 2021年11月 森田剛が退所予定
Kinki kids 23年8か月 2021年6月堂本剛退所予定??
21年1か月 活動休止中
タッキー&翼 16年 2018年9月

SMAPは25周年の時に解散が決まりました。

TOKIOは解散はしていないものの、2021年3月に長瀬智也さんが退所することが決まっています。

他のメンバーも城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さんはジャニーズグループ関連会社として設立した『株式会社TOKIO』を運営していきます。

グループの形は残るものの、TOKIOとして音楽活動は行わない方針のようです。

V6は、25周年を迎えたばかりだっただけに、ショックが隠し切れません。

近年、ジャニーズのグループに関しては、「25周年は鬼門」だとささやかれてきた。
そんな中、6人全員で25周年を迎えたV6は「奇跡」と評されていたが、26周年でピリオドを打つことに。

(cyzowoman.com)

25周年の壁が報道される中、ネット上では次は「KinKi Kids」が解散するのではないかと心配の声が上がっています。

デビューはSMAP、TOKIO、V6、KinKi Kids、嵐という順番であり、KinKi Kids以外は事実上の解散、または活動休止中です。

1997年にデビューしたキンキにとって、来年が大きな壁の25周年。

ネット上では心配の声が広がっています。

『次に鬼門を迎えるのはキンキさんだ。心配だなあ……』

『来年はキンキが25周年だけど、なんとか存続してほしい』

『やっぱり25周年って大きな壁なんだね。キンキは離れないと信じてる』

『2022年が本当に怖い。何事もなく25周年をお祝いできますように』

堂本光一さんによると、今のところ「解散の予定はない」というコメントはあっているようです。

しかし、V6のように突然の解散報告もあるかもしれないので、安心はできませんね。

歴代グループが解散に追い込まれたは理由5つ!

歴代グループが解散に追い込まれた理由は、何なのでしょうか?

グループが解散する理由として考えられる理由を5つあげました。

①グループの不仲
➁ジャニーズ事務所への不満
➂メンバーの方向性の違い
④年齢
➄世代交代

解散理由で一番考えられるのは、グループの不仲ですよね。

SMAPの時には、グループ内での争いがあったという報道もありました。

どのグループでも、共に仕事をしていく上で何かしらの出来事はあってしょうがないと思います。

でも、なるべくなら解散にならない程度に仲良くしてほしいですね。

ジャニーズ事務所に不満があり、退所するメンバーもいるのではないでしょうか。

ジャニーさんがいなくなった後には、ジャニーズ事務所の退所が相次いだのも事実です。

事務所との相違があれば、退所とともに解散に追い込まれることはあり得る話です。

そして、最近ではメンバーの方向性の違いで解散するケースが多いと感じます。

嵐の一時活動休止も、リーダーの大野智さんが「ゆっくり自分の好きなことをしたい」という気持ちからでした。

V6についても、森田剛さんが「役者にチャレンジしたい」という気持ちから、解散につながりました。

メンバーの方向性の違いとともに、大きく関係しているのが年齢ですよね。

V6はメンバーが40歳を迎え、先のことを考えたそうです。

SMAPのメンバーもですが、年齢を重ねるにつれて、それぞれが活躍できる場所が変わってきたということが大きな理由ですよね。

それに加え、世代の変化もあるのではないかと思います。

ここ数年、ジャニーズもネットの世界に本格的に進出し始めました。

その中心になっているのは、10代から20代を中心とした若いジャニーズJr.の世代です。

そこには、テレビが絶対的中心だった上の世代のジャニーズとのあいだに、メディア環境の違いがあり、世代間の断層があるように思えます。

ここから、少し寂しいですが世代交代なのかもしれません。

ファンの皆さんは、当然ながらジャニーズグループの存続を強く願っているようですね。

まとめ

ジャニーズ25周年の壁!歴代グループが解散に追い込まれた理由は?についてまとめました。

ジャニーズ事務所のグループでは、25周年の壁が分厚くて高いことがわかりました。

解散の原因としては5つありました。

グループの不仲や方向性の違い、世代交代などがあげられます。

ジャニーズには、根強いファンが沢山いますので、これからも解散はなるべく避けてほしいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ