音楽

紅白GReeeeN(グリーン)顔出し偽物?本物?CG?4人の正体は?

「第71回NHK紅白歌合戦」が2020年12月31日、生放送されたました。

紅白初出場となったGReeeeNは歯科医師と両立するため、姿を表さずに活動してきていましたが、今回GReeeeNが顔出しで登場したことが話題となりました。

Twitterでは、

「CGなのか本物なのかな 分かんないで出てきたから どっちなの!?」

「よりGReeeeNが謎になった」

「偽物が出てるの??」などのツイートが相次ぎました。

GReeeeNの顔出しは解禁されたのでしょうか??

GReeeeNの顔出しに混乱のツイートが殺到!!

GReeeeNの顔出し映像公開!!

こちらが、紅白に出た映像になります。

GReeeeNはメンバーの4人と思わしきシルエット姿でホールに登場しました。

はじめは、暗い中の映像で4人の影だけが見えているだけでしたが、CMに入る前に、

司会の大泉洋より「この後明るくなって顔が見えるようですよ~。」とアナウンス。

「えっ??」「顔出し初公開?」と正直、驚きました。

CM開けて、徐々に会場が明るくなり、顔がはっきりと公開されました。

「世界中でエールを送り合ったこの年に歌えて、うれしく思います」とメッセージを送った後、連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」とヒット曲「キセキ」を披露しました。

リズムに合わせ体を揺らしながら、手を上下に大きく振りながら、全身を使って歌いながらエールを送っている姿がありました。

歌唱後、「世界中でエールが送り合われたこの年にこの場で歌えたことを光栄に思っております。みなさま良いお年を!」というメッセージで締めくくりました。

顔見せはCGだった??

パフォーマンスでは、メンバーが激しく踊るシーンが公開され、

「これって本物??偽物??」という声が相次ぎました。

確かに、映像がCGっぽく見えます。

実際のメンバーの顔に似せていたのかや、生歌唱だったかについて、

NHKは「制作に関わることなので、回答を差し控えさせていただきます」と明言を避けています。

しかし、各社の報道ではAR(拡張現実)を駆使した“CG”でのステージだったと証言していますので、CG説が有力のようです。

では、顔は本人たちなのでしょうか??

映像のあの4人グループは誰??

では、紅白にでていたあの4人グループは誰だったのでしょう??

とても気になります。

はっきりと確定はできませんが、GReeeeNの『キセキ』という映画でGReeeeNを演じた菅田将暉、横浜流星、成田凌、杉野遥亮に寄せた偽物だったようです。

俳優さんかモデルさん達のようですね。

すでに、CGで出演した4人が

”イケメン” ”カッコいい”という声が上がっています。

また、詳細がわかったら追記します。

まとめ

紅白初出場となったGReeeeNは今まで姿を表さずに活動してきていましたが、

今回GReeeeNが顔出しで登場したことが話題となっていました。

断定はできませんが、CG説が有力となっています。

また、顔や姿は偽物説が有力となっています。

詳細がわかりましたら、追記します。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ