芸能

アントニオ猪木の病気【難病】はいつから?車いす生活で今後どうなる?

人気プロレスラーで政治家として活躍していたアントニオ猪木さんが現在病気で難病と闘っていることが、アントニオ猪木さんが自身のSNSに投稿し話題となっています。

2021年3月1日の投稿内容は、アントニオ猪木さんがベッド上でリハビリをしている姿でした。

そのSNSの姿に「猪木さん、病気だったの?」「変わり果ててる」など、驚きの投稿が相次ぎました。

アントニオ猪木さんが病気で療養していることは、知らない方が多かったようです。

実はアントニオ猪木さん、「心アミロイドーシス」という難病指定の病気になっていたんです。

では、アントニオ猪木さんはいつから病気で療養していたのでしょうか?

いつから車いすで生活していたのでしょうか?

「心アミロイドーシス」という難病は、今後はどんな経過をたどるのでしょうか?

この記事では、「アントニオ猪木の病気【難病】はいつから?車いす生活で今後どうなる?」という内容でまとめています。

アントニオ猪木の現在の病気は難病だった!車いす生活でリハビリ中!人気プロレスラーで政治家として活躍していたアントニオ猪木さんが現在病気で難病と闘っていることが、アントニオ猪木さんが自身のSNSに投稿し...
アントニオ猪木の子供(娘や息子)や現在の妻(嫁)は?結婚歴4回の真相!元プロレスラーで政治家でもあるアントニオ猪木さん、2021年3月に闘病生活で入院していることを明かし、話題となっていました。 とて...
アントニオ猪木2021現在容態が悪化【動画】激やせ姿公開に勇敢の声難病で長期療養中のアントニオ猪木さんが、腸捻転で緊急手術を受けていたことがわかりました。 以前にも、リハビリの風景を動画で公開して...

アントニオ猪木の病気【難病】はいつから??

元プロレスラーで政治家のアントニオ猪木さんは、「心アミロイドーシス」という難病になっているのがわかったのは、いつからだったのでしょうか?

病気について、アントニオ猪木さんは2020年7月26日に自身のツイッターで「心アミロイドーシス」という難病におかされていることを告白しています。

【2020年7月26日の時点】

心アミロイドーシスという難病に罹っていることが判明しました。それが昨年の秋ごろです。

ということは、2019年の秋頃には「心アミロイドーシス」という難病が判明していたことがわかっていたようですね。

病気を患っていることを公表してからも、変わりなくお元気に活動しているように思えました。

内容が一変したのが、2021年1月15日です。

「腰の治療の為にしばらく入院致します」

今回の入院のきっかけは、「腰」が原因だったようですね。

アントニオ猪木は現在、車いすで生活をしている??

アントニオ猪木さんは今現在、車いすで生活しているのでしょうか?

今回の入院の原因は、「腰痛」であることがわかりました。

「腰痛」となると、今現在は車いすで生活している可能性が非常に高いと思われます。

理由としては2点あげられます。

①腰が痛くて歩けない
➁心臓に負担の掛かることは控えないといけない

心アミロイドーシスの症状としては、全身衰弱や手足のしびれが挙げられます。

また、日常生活を送る上で注意すべきこととして、血圧を上げないことが大切です。

心臓に負担がかからない程度の運動しか出来ないことから、歩いていても排泄程度で、ほとんど歩かない生活をしていると思われます。

また、以前アントニオ猪木さんが車椅子で生活をしていたのをご存じでしょうか?

2018年8月に腰を手術したアントニオ猪木さんは、2018年9月9日に開催された「北朝鮮建国70年の記念式典」に車いすで出席されています。

アントニオ猪木氏、訪朝時の“車いす姿”にプロレスファン騒然! いったい何があった!?
出典:エキサイトニュース (excite.co.jp)

当時は「腰の治療のため入院していた。大事をとって車いすを利用している」と説明していましたが、

プロレス界では、ずいぶん前から「持病の糖尿病が悪化したらしい」という話が広まっていたそうです。

それからは、車いすで移動することが日常になっていたそうです。

腰痛はすでに3年前からあったんですね。

車いすもそのころから頻繁に利用していたと考えられます。

アントニオ猪木さんの乗る車いすなら、きっと横幅も高さも特注に違いありません。



アントニオ猪木は今後どうなる?

アントニオ猪木さんが難病の「心アミロイドーシス」を患っていて、車いす生活を余儀なくされていることはわかりました。

では、アントニオ猪木さんの今後はどうなるのでしょうか?

「心アミロイドーシス」という難病の治療方法は、病型によって異なりますが、従来は症状をやわらげるための対症療法が中心でしたが、近年、新たな治療法も進められているようです。

心アミロイドーシスを引き起こす主な病型、

①骨髄内の形質細胞で産生される、免疫グロブリンと呼ばれるタンパク質の異常に起因するもの
②野生型(遺伝子変異ではない)トランスサイレチンに起因するもの
③遺伝子異常を伴うトランスサイレチンに起因するもの

①は心アミロイドーシスの症例として最も多いそうです。

②は60歳以上の男性に多いといわれ、加齢が発症に関与していると考えられています。

アントニオ猪木さんは遺伝性を疑っていましたが、後天性という診断だったそうなので、➁の可能性が高いですね。

そちらもアミロイドが発生する細かなメカニズムは不明とされているそうです。

画期的な改善の見込める手術や特効薬は今のところないようなので、今の現状できることは、投薬で症状を抑えること進行を遅らせることだと思われます。

アントニオ猪木さんが糖尿病も患っているようであれば、今回の「腰痛」は、プロレス時代の古傷なのか、「糖尿病」によるためなのか、「心アミロイドーシス」という難病のためなのか、定かではありませんが、今後どこまで回復できるか心配です。

今後は、日常的に車いす生活を余儀なくされ、病気と闘う日々が続くのではないでしょうか。

「完全復活」には難しいかもしれませんが、アントニオ猪木さんの「元気ですかー!!」が聞ける日を待ちましょう。



まとめ

「アントニオ猪木の病気【難病】はいつから?車いす生活で今後どうなる?」についてまとめました。

アントニオ猪木さんの病気は、「心アミロイドーシス」という難病で、2019年秋ごろに判明したそうです。

車いすは2018年の腰の手術以降から利用する姿が見られていました。

今現在も、車いす生活を余儀なくされている可能性が高いです。

今後は、病状の進行を遅らせる治療方法となるため、完全復帰をいうのは難しいと思われます。

アントニオ猪木さんの「元気ですかー!」をそのまま猪木さんにエールとして送りたいと思います!!

最後までお読み頂きありがとうございました。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ